フランス文学に名を残す伝説

1934年、 ガブリエル・シュヴァリエの有名な小説『クロッシュメルル(“ク ロッシュ”は 鐘、“メ ルル”は ツグミの意)』が、フランスに笑いの渦を巻き起こしました。 シュヴァリエはこの作品の着想を、バカンスを過ごしたヴォー・アン・ボージョレ村から得ていま す。 こ の文学の伝説が、ボージョレのブドウ畑の中心に位置する、その地方の風土にしっかり根付いた豊かな村民の心を捉えました。
1956年、 ガブリエル・シュヴァリエがヴォー・アン・ボージョレを『クロッシュメルル』の舞台であると認めたことにより、ヴォー・アン・ ボージョレの運命が決定的なものになりました。
両大戦間の田舎の暮らしを描いたこの貴重な作品 は、小さなクロッシュメルル村の中心の新しい“公 衆トイレ”の 建設をテーマにしています。この新たな“村 の快適な施設”は、 村民たちの遺恨の中心、そして村のカリスマであるポノス司祭、バルテレミー・ピエシュ村長、さらには毒舌家ジュスティーヌ・ピュ テが舌戦を繰り広げる場になりました。
1934年 に出版されるや否や、ラブレー風の回想録『クロッシュメルル』は空前の大ヒットとなり、その人気は決して衰えることがありません でした。今では喜劇文学のクラシック作品になっており、 17ヵ国語に翻訳されています。また BBCによるテレビシリーズ、フランス 3に よるテレビドラマにもなっています。
ヴォー・アン・ボージョレは、ガブリエル・シュヴァリエの有名な小説の舞台です。
ヴルフランシュを出た後、まず右に、続いて左に曲がり、しばらくまっすぐ行くと、陽光を浴びた丘の斜 面に一つの村が目に入ります。これがクロッシュメルル。これ以上説明の必要はないでしょう。
年、ガブリエル・シュヴァリエがヴォー・アン・ボージョレを『クロッシュメルル』の舞台であると認め たことにより、ヴォー・アン・ボージョレの運命が決定的なものになりました。 年、ボージョレのブドウ畑の中心にある、地方にしっかり根付いた裕福な村ヴォー・アン・ボージョレ は、“クロッシュメルルの公衆トイレ”を華々しくオープンしました。ボージョレ地方で最も豪華で、最も訪問客の多い公衆トイレです。 クロッシュメルルは、ブドウ畑の中心にある小高い丘の斜面に位置する、間違いなくボージョレのワイナ リーの中で最も風情のある村の一つです。